Tom Kenyon
日本のアーカイブ

アセンションのホロン

トム・ケニオンをとおしたハトホルのプラネタリー・メッセージ
2009年1月28日

あなたがたはこれから、驚くような可能性に満ちていながらも、危険を伴う、非常に不安定な時期に入ろうとしています。

私たちは昨年3月、あなたがたの地球の磁場が摂動と変形、あるいは惑星の位置変化を経験しているとお話ししました。これが現実に起きていることは、あなたがたの科学でもすでに認識されています。

簡単に言うと、地球の周りを取り囲んで、太陽風から地球を守っている磁気圏に、ひとつの裂け目があるのです。このような裂け目は、周期的に現れるごく自然な現象ですが、この問題の裂け目に関しては、幅と大きさがかなりあります。この裂け目から、かなりの量の太陽からのプラズマが侵入しており、これからも入り続けるでしょう。これによって磁気嵐が増え、電気通信の混乱、人間の神経系などのような生体電気回路の混乱、そして気候の変化が起こります。この裂け目と磁気圏の変化が引き起こす結果は、今後数年間増え続けるでしょう。

私たちがこのメッセージを伝える目的は、この裂け目のネガティブな影響にあるのではなく、準備のできた人々に開かれる、ポジティブな影響にあります。

古代エジプト人たちが「カー」とよび、ヨギたちがエーテル体とよぶ、あなたの繊細なエネルギー体は、太陽のプラズマに非常に敏感で、影響を受けやすいです。太陽からの流れと質が高まることによって、「カー」の振動速度が上がります。これはアセンションの過程に意識的に参加している人々にとって、非常に有益であり、幸運なことです。アセンションという言葉について、私たちが意味することを明確にしておきましょう。なぜならこの言葉にはさまざまな副次的意味やとらえ方があるからです。

アセンションというとき、私たちは単に、意識の上向きの動きを意味しています。あなたはどこかへ「行く」のではありません。どこかを「去る」のでもありません。しかしあなたの視点、知覚が、根本的に変わります。あなたはこの世界の幻想、マーヤを見通すようになります。この世界の幻想は、亜原子粒子のダンスが、あなたが物質と呼ぶ形状をとることによって、つくり出されています。あなたはアセンションの過程をとおして、あなたが経験し「世界」とよんでいるものをつくり出しているのが、あなた自身であることに気づきます。アセンションとは、あなたがこの世を離れるという意味ではありませんが、あなたがこの世界の一部でありながらもそれを超越し、知覚のレンズを見通して、人生とはあなたが映し出している映画であるということを理解したという意味です。

あなたは人生の岐路に立っているとも言えます。太陽風の流れが地球の磁気圏に入り込むと、全人類のカーボディーの振動が上がります。しかし、ある人々にとってこれはアセンション(意識の上向きの動き)につながりますが、またある人々にとっては不安と崩壊につながります。

このメッセージは、上向きの螺旋を選んだ人々のためのものです。あなたの周囲の数多くの人々が下向きの螺旋を下降しているように思えても、あなたのカーボディーを活性化させ、上向きに上昇させることが、この時期のあなたの挑戦です。それは本質的に、期待と信念と結びついた、振動の問題です。この3つの結合が、新たな運命のための創造的の衝撃となります。

これはどういう意味でしょうか?

植え付けられたネガティブな条件または制限を超越する、あるいは変質させるためには、莫大なエネルギーを必要とします。あなたは固定され、狭くて限定的な現実の認識へと、集合的に催眠にかけられたような状態にあり、それは投獄されているのと何ら変わりがありません。偽りや操作を見通すとき、その人にとって世界はもう違って見えますが、偽りを知覚することで、その人が偽りから解放されることはありません。偽りはそれ自身が命を持っているようなもので、継続する傾向にあります。あなたがたの文化的制約につきものの無気力や不活発さを乗り越えるためには、振動速度が上がった新しいエネルギーが必要です。これは地球の磁気圏に大量に流れ込み続ける太陽のプラズマ、太陽風の流れの贈り物です。この流れがあなたのカーボディーの振動速度を上げるからです。

しかし、あなたの人生にとっての「焦点」と言えるようなものがここにあります。自分自身に押し付けられた制約の偽りを理解している人、あるいは少なくとも理解し始めている人々にとって、このカーボディーの活性化は美しくて絶妙な奇跡をながめるようなものでしょう。なぜならいままでにはできなかったような方法で、あなた自身の制約を超越するための力が、あなたの人生に与えられるからです。それはまるで宇宙そのものが、あなたの自由のダンスに加わるようなものです。

けれども、意識を向上させて生きることを選択しない人、制約に捕われ続けることを選ぶ人、自分の不運を他人のせいにしようとする人、自分の不幸の身代わりになってくれるものを探す人、そして矛盾に満ちた古い世界を生き続けようする人々にとって、このカーボディーの振動の上昇は祝福とはかけ離れたものになるでしょう。それは呪いとして経験されます。なぜなら物事をいままでどおりのままにしようとするために、彼らは大変な苦労をすることになるからです。

あなたの古い現実という織物がほどかれるのと同時に、新しい現実が織り込まれています。これは実際、奇妙な状態です。そして、ここで私たちがあなたにもっとも明確に伝えたいことは、あなたの周りでたとえどんなことが起きていようとも、あなたにはあなた自身の新しい現実をつくりあげる力と才能が生まれながらに備わっており、マインドとスピリットの新しい自由をつくりだすことができるということです。

私たちの視点からすると、この状況は今後数年間で激しさを増すように思われます。私たちはこの状況を二重の状態とみなします。あなたがたの多くはアセンション、つまり上向きに移行し、他の人々は崩壊の道をたどり、ばらばらになるからです。これは本質的に、個人的な選択の問題です。

これは私たちにとって、非常に重要なポイントであり、このことを可能な限り明確に伝えたいと思っています。あなたがた一人一人は、自分自身が求める思考と創造を選択するために、これに対応する能力、すなわち責任を持っています。ある人々は自由を選択します。なぜならもうこれ以上縛られることにがまんができないからです。偽りは、背負い続けるには大きすぎる重荷です。そしてまたある人々は、拘束され続けることを選択します。なぜなら自由と個人的な選択に対する恐怖が、耐えられないほどに大き過ぎるからです。

ここが進化の道の分かれ目です。

あなたがたの現実が崩壊するのと同時に再創造されると、つまりあなたがたが直面している経済問題や環境問題、社会問題のことを私たちは言っているのですが、あなたがたの中には非常に困難な時期を経験する人もいるかもしれません。しかし、あなたの人生の創造者があなた自身であるという事実を、決して見失わないでください。あなたはどんな状況にあっても、どんな瞬間にも、あなたの人生を再創造できます。あなたを操作しようとするものたちは、恐れと文化的制約を永続させることをとおして、コントロールしてきます。それはあなたの人生が、何らかの外的要因に依存しているという信念に基づいています。

アセンションの過程であなたは、このような外的要因が、実際にはあなた自身の意識の最も深い部分から投影されているものだということに気づきます。それらは映画のスクリーンのちらつきのようなもので、それを現れた結果ではなくその源から変えるとき、あなたは驚くような速さでそれらを変化させることができます。その源とは、あなた自身のマインドです。これがどのようにして起こるのかという神秘は、アセンションの過程で自然に明らかになっていきます。それはランのつぼみが花開くのと同じくらい、自然なことです。それは性質そのものに深く刻まれているもので、その知識はあなたが上向きの道に入ると、自然に明らかになっていきます。以前のメッセージで私たちは、あなたが感謝や感謝の喜びとよぶようなことが、ひとつの鍵になると伝えました。このような感情の状態はあなたが持っている創造的な力のサインであり、表現です。ここで私たちが言っていることは、あなたがアセンションの過程に入ることで、はっきりと分かるようになるでしょう。

今後のメッセージで、私たちは感謝の多次元的物理学についてと、それがあなたの外的現実にどのように影響するかについて、お話しするつもりです。しかし今回のメッセージでは、太陽風の流れが地球の磁気圏に入り込み、あなたのカーボディーを刺激し始める今後数年の間に、あなたの助けになるだろうと思われるひとつのツールを提供したいと思います。

そのテクニックを伝える前に、いくつか基本的なポイントについて述べたいと思います。

第1の基本は、このテクニックを活用するために、あなたは意識を向上させるという選択を、すでに済ませていなければなりません。あなたが自身のカーを維持する意図が、結果をもたらします。

第2のポイントは、この方法を試すとき、あなたの感情が感謝の状態にある必要があるということです。感謝はこのような創造の特色だからです。

第3のポイントは、これがあなたのエーテル体であるカーと、次元的に言ってより高次のあなた自身の側面であり、古代エジプト人たちの間でバーとして知られていたものとのつながりに基づいているということです。バーは、あなたがつくり出す時間と空間の外側にある意識の部分に存在しています。

その入り口はあなたの頭の上の、あなたが両手を上げて、頭の上で両手を合わせたあたりの場所に位置しています。このあなた自身の多次元的側面であるバーは、感謝を非常によく受け入れます。そしてあなたはこのバーから、カーを強化し、太陽風の大量流入に備えるためのエネルギーを受け取るのです。

私たちはこの方法をアセンションのホロンと呼びます。私たちがすでに提供した2つのホロン、バランスのホロンとヒーリングのホロンのように、これも特定の幾何学形態に基づいています。幾何学はエネルギーを従わせ、解く手の幾何学はエネルギーが特定の方法で流れるようにします。

この特定のホロンは円盤に基づいています。これはコマのようなものです。子供の頃に遊んだことはありますか? あなたは自分自身をこの円盤の中におきます。円盤の頂点は、バーの位置と一致します。あなたが手を上げて、頭の上で両手を合わせた場所です。この円盤の下部は、もしあなたが足を組んで座っているとしたら、あなたの背骨の基底部にあたります。もし立って行う場合や、椅子に座って行う場合は、この円盤の底はあなたの足の位置になります。あなたの頭のてっぺんから、あなたの体、会陰を通る中心線が、この円盤の回転軸になります。

想像の中で、あなたはこの回転軸に沿って、円盤を回転させます。ほとんどの人々にとって、自然な回転方向は右回りですが、左回りでもかまいません。あなたにとって正しいと思えるほうが、正しい回転方向です。この円盤の大きさは重要ではありません。あなたの好きなだけ大きくしたり、小さくしたりしてみてください。円盤の色もまた重要ではありませんが、もしあなたが視覚的な人ならば、この色を白くしてみることをおすすめします。この想像の世界の、あなたの想像の世界の円盤の動きが…渦をつくり出します。

いったん円盤を回転させ始めたら、あなたの注意は頭の上のバーに向け、バーに感謝をおくります。感謝の気持ちです。神聖な魂であるバーから、何らかの反応があるでしょう。

この時点で、あなたは意識を背骨の基底部、ルート・チャクラに向けます。ここは神聖なエネルギーをカーに引き込む場所だからです。そして、次の5分から10分間、あなたはただこの円盤の中に存在し、意識はバーと背骨の基底部に向けながら、円盤が回転するままにします。ときにはそれが非常に軽い感覚である場合もあるでしょう。またあるときはそれがレーザー光線のようでもあり、火の柱や流れのようであることもあるでしょう。さまざまな状態があらわれるでしょう。

そしてこのエネルギーがバーから背骨の基底部へ降りると、カーボディーへと放射状に広がって、活力を与えます。あなたはこれを好きなだけ何度でも繰り返し行うことができます。少なくとも1日1回は行うことを、私たちはおすすめします。注意がひとつあります。これを頻繁にやりすぎたり、あまりにも長い時間やり続けたりすると、あなたはヒーリングが起こるのを経験することがあります。これはカーから肉体の各器官へと神聖なエネルギーが流れ込むことによって、肉体の各器官が陰性、毒素、そしてその他の生命力を抑制するようなネガティブな物質を解放することによって起こります。一定期間を経てカーボディーがより活力を増してくると、太陽風の流れから太陽光の粒子を取り入れることができるようになり、これはあなたのアセンションを大いに促進します。これが基本的な方法です。そしてすでに述べたとおり、一日1回、5分から10分これを行うだけでいいのです。意識を上向きに上昇させるというあなたの意図が明確である限り、これだけで十分です。

ではここで惑星奉仕(プラネタリー・サービス)と、私たちが大いなる三つ組と呼ぶエネルギーの解放についての話に、意識を移したいと思います。

4月の最初の週末(2009年4月3日から5日)、私たちはワシントン州シアトルでいま説明したホロンを活用し、私たちが物理的に建てた3つのサウンド・テンプル(ニューメキシコ、コスタリカ、ネパール)とつながるワークショップを開催します。この3つの結合は、啓蒙の光を増大させる目的で行われます。

このイベントの前に、3月中旬になると思いますが、私たちはまた惑星のメッセージをお伝えします。それにはこのシアトルでのイベントに、物理的に参加できない人たちのためのインストラクションが含まれます。このインストラクションは、物理的に私たちと一緒にこのイベントに参加できない人たちが、この惑星奉仕(プラネタリー・サービス)の行動に、エネルギーで参加することを可能にします。

エジプトの神話やイニシエートの知識の視点からみると、あなたがたの文明はアミット(Anmit)の通過儀礼(イニシエーション)のもとにあります。それは本質的に権力の追求から愛の追求へと入る道であり、より高次のチャクラから生じるより高次の認識への道です。これは権力を得て、その権力を維持することのできる対立の世界を永続させようと願う人々と、全生命が互いにつながっていることを理解し、協調の人生を送ることを願う人々との間の奮闘です。

このイベントの目的には2つの要素があります。ひとつは私たちがここで説明したホロンについて、大いに精通するための方法と、太陽風の流れを個人的なアセンションのために活用するための方法を伝えることです。もうひとつは地球の感情的な大気圏に、全生命にとって有益で、協調が対立よりも重みを増すような霊的啓示を解き放つことです。

このメッセージをオンラインで見るには:
http://tomkenyon.com/the-holon-of ascension/

Copyright 2009 Tom Kenyon All Rights Reserved

アセンションのホロンについてのトムの意見

このトムの意見をオンラインで見るには:
http://tomkenyon.com/toms-observations/

2008年3月24日、ハトホルたちは「地球の磁場」というタイトルの惑星メッセージを伝え、その中で彼らは地球の磁場が摂動または変形を経験していると言いました(ハトホルメッセージの過去の記事を見てください)。

2008年12月、NASAはテミス計画が地球の磁場に大きな裂け目を見つけたことを報告し、近い将来これが地球の磁気圏に大量の太陽プラズマの流入を引き起こすだろうと発表しました。磁気圏は太陽風(プラズマ)と嵐から地球を守っています。しかしこの裂け目のために、今後数年間に磁気嵐が増えることを科学者たちは予測しています。このような嵐は電気通信に影響を及ぼすことが多く、インターネットを含めた、電気通信によるコミュニケーション方法にますます頼るようになっている文化にとって、「おもしろい」ことになると思います。NASAの報告を読みたい方は、www.nasa.govにアクセスし、検索ワードにテミス(Themis)と入力してください。そのページが開けたら、Mission Newsをクリックしてください。

私個人としては、ハトホルたちの言ったことを科学が実証してくれるとき、ほっと一息つくのですが、このようなことが驚くほど頻繁に起こるようになっています。

今回のメッセージで私が興味深く思う点がいくつかあります。ハトホルたちの発言の中で最も注目する点は、磁気圏のプラズマの増大がカーボディーの振動速度を上げるということです。

この種の情報について、私たちはもちろん、科学から遥かに離れて、私が個人的に「ウーウー(woo-woo)」とよんでいる、認識の世界へと入ります。(訳注:woo-wooは科学的、論理的ではない、感情的、神秘的、スピリチュアル的なこと、あるいは神秘的なことを信じている人のことを言う言葉)ウーウーという時、私は普通ではない認識(特にサイキックのさまざまな種類)を意味しています。個人的に私は、論理とウーウーの両方を受け入れることが可能だと思います。私たちが自分についての知的ユーモアを失わず、論理とウーウー両方の境界線をくっきりさせておく限りは、可能だと思います。ですから可能な時はいつでも、私は砂の上に、科学であることとウーウーであることとの間の線を明確に引きます。そしてこの最近のハトホルメッセージについて言えば、私たちは間違いなく、この線を越えていると言えるでしょう。

カーについて

カーボディーとは、古代エジプト錬金術師たちによって知られ、用いられていたものです。エーテリック・ツインや、スピリチュアル・ダブルなどと呼ばれることもあります。カーボディーはあなたの肉体(古代エジプト人たちによってカートと呼ばれる)とまったく同じ大きさと形をしていますが、それはエネルギー体です。血や肉でつくられているのではなく、エネルギー、あるいはほとんどがエネルギーでつくられています。カーがもし質量を持っているとしたら、それは非常に小さいものです。私は瞑想状態でこのカーの実験をすでに20年以上続けていますが、それはかなりの興味深い能力を持っているように思われます。これらの能力のいくつかはカーに本来備わっている性質によるものであり、中でもカーはニュートン物理学ではなく、量子力学の法則に従うようです。このことは普通ではない、数々の魅惑的な現象への扉を開きます。

アセンション

古代エジプト錬金術の認識によれば(私が解釈し、理解していることによると)、カーはアセンションの過程に不可欠なものです。ハトホルたちが彼らのメッセージの中で明確にしているように、アセンションとは意識の上向きの動きであり、意識の拡大です。この世界を去ることでも、どこかへ行くことでもありません。アセンションの過程にあるとき、その人は世界の中で生きるのと同時に、この世界を超越しているのです。

アセンション vs. 崩壊

もうひとつ私が重要だと思う点は、私たちが同時に、アセンションの可能性と崩壊の可能性の両方の時期に入っているということです。私たちが文化的に押し付けられた制約を越えて行こうとする時、その圧力は私たちの多くにとって、まったく疲れはてるようなものであり得ます。ニュースには、60年代で言うところの、過激な行動に出た人々の話題が溢れています。私がこれを書いている今日も、ある夫婦が2人とも仕事を失い、その結果彼らの5人の子供を殺し、自分たちも自殺するというニュースを読みました。

このような精神の不安定さが今後増えることを私は懸念しています。ハトホルたちはたとえ周りの人々がくじけているときでも(崩壊)、私たちには上向きに生きる(アセンション)ための能力が本来備わっており、そうする責任もあるのだということの両方に、私たちが気づくことを強く求めています。

アセンションのホロン

このメッセージの中でハトホルたちが私たちに提供している基本的ツールあるいは内なるテクノロジーは、ある特種なホロンであり、それは高まりつつあるエネルギーの圧力に耐えられるよう、カーを強化し、アセンションの過程で私たちを助けてくれるためのものです。

ホロンの概念についてご存知ない方は、ぜひ私たちのウェブサイトでバランスのホロンとヒーリングのホロンについて書かれたメッセージを読んでください。これら2つの幾何学形態は非常に有益で、簡単に活用できるものです。

http://tomkenyon.com/earth-changes-holons/
http://tomkenyon.com/managing-subtle-energy-during-earth-changes

アセンションのホロンは、ハトホルたちが提供してくれた他の2つのホロンよりも少し複雑です。なぜならこのホロンは幾何学をイメージしてつくり出すと同時に、感謝の感情の状態と、カーの中でのエネルギーの流れの方向を調整しなければならないからです。

「百聞は一見にしかず」ということわざもあるとおり、まず私はこの幾何学の小さな絵を描いて、順を追ってこの工程の説明をしたいと思います。

幾何学

絵を見ていただけば分かるとおり、私には芸術的な能力がまったくありませんので、どうぞあなたの最善を尽くして、私の絵を描く能力の限界を乗り越えてください。

下の絵の中には、人間(あなた)が円盤の中に座っている姿が見えると思います。2本の点線が両肩から、頭の上のバーの場所に描かれています。この点線は、あなたが両手を頭の上にあげて合わせたときの、あなたの両腕を表しています。両手が重なるところが、バーのポイントがある場所です。そしてこの場所は円盤の頂点でもあります。

絵を見るにはこちら:http://tomkenyon.com/toms-observations/#holon

この絵の中で、人物は脚を組んで座っていますので、あなたのお尻が円盤の底の部分になります。これを行うとき、脚を組んで座る必要はないということを注意してください。もし椅子に座るのが楽であれば、円盤の底はあなたの足の部分になります。これはあなたが立ってこれを行う場合も同じです。

円盤の大きさはお好み次第です。短くてずんぐりしたものや、長く伸びて優雅なものにすることもできます。私は個人的に半径7〜8メートル、直径15〜16メートルにします。また私は円盤を輝く白い光としてイメージしますが、特に色をつける必要もありませんし、マインドの中でそれを見る必要すらありません。とにかくあなたにとって自然な方法で、この円盤を感じてください。円盤を上や下から見ると、もちろんそれは円の形に見えます。

あなたが想像の中で円盤をつくり出したら、それを中心軸に沿って回転させ始めてください。中心軸はあなたの頭のてっぺんのクラウンから、体の中心を通って、会陰(生殖器と肛門の間)へと抜けます。私は通常、円盤を時計回りに回して、ときどき変化をつけるために、方向転換します。ハトホルたちによれば、ほとんどの人は、自然に時計回りに回転させるそうです。しかしあなたにとって最適な方向に、円盤を回してください。この回転する動きが、微細な領域にエネルギーの渦をつくり出し、バーからカーへと流れ込む神聖なエネルギーの動きを促します。

想像の円盤が回転していることをいったん感じたら、あなたは次のステップに進めます。

あなたの意識をバーの場所に向けてください(あなたの頭の上の円盤の頂点)。感謝または感謝の喜びの感覚をバーへ送ってください。こうすることで神聖なエネルギーが流れ出す扉が開かれます。このバーからのエネルギーの流れを促すのは、実際の感謝や感謝の喜びの気持ちであって、感謝という考えではありません。

あなたがバーに感謝を送り続けると、その応えとしてバーから下向きのエネルギーの動きを感じるでしょう。このような反応がすぐにあらわれる場合もありますし、繊細なエネルギーを感じることに慣れていない人にとっては、少し長くかかる場合もあるかもしれません。しかしやがてあなたは、あなたが送った感謝に対するバーからの反応を感じるようになるでしょう。これが起きたら、あなたの意識を背骨の基底部に移してください。

エネルギーは意識に従います。あなたが意識を背骨の基底部に移すと、バーからの神聖なエネルギーの流れもルート・チャクラへと移動します。そこでカーへとつながります。この時点で、あなたは意識を頭上のバーの場所と、背骨の基底部のルート・チャクラに向けながら、回転する円盤の中でただ休みます。神聖なエネルギーがあなたのルート・チャクラに流れ込み、そこからカーボディーへと流れ出す動きを、ただ感じてください。マインドがさまよった時には、ただあなたの意識を回転する円盤と、バーとルート・チャクラとの間のつながりに戻してください。あなたの意識が長くさまよい過ぎると、エネルギーの流れは止まります。もしこのようなことが起きたら、最初にやったように、再びバーに感謝の感覚を送り直してください。再び流れを感じたら、あなたの意識をバー、ルート・チャクラ、そして回転する円盤に向け、それを保ってください。

流れ

バーからルート・チャクラへの神聖なエネルギーの流れが続く中で、この流れがカーボディーに活力を与えているということに気づくことが重要です。ルート・チャクラはエネルギーをつなぎ止めるために使われますが、エネルギー自体は、カーをとおして様々な形態で動き、カーボディーを強化し、活力を与え、カーボディーの振動速度を上げます。

このバーからルート・チャクラへのエネルギーの流れについて、私の個人的な経験は、その時々で様々です。それはおそらく、私がこの瞑想を行うときの、私自身のエネルギー・システムの状態や、私の気分に関係しているのだと思います。

この流れは、時には非常に穏やかで、ほとんど知覚できないような場合があります。またある時には、まるで強烈なレーザー光線のように、バーから私のルート・チャクラ、そしてカーボディー全体へと、エネルギーの電流が走るかのような場合もあります。またある時には、私のバーからルート・チャクラへと降りる、渦巻くエーテルの炎の柱のようになって、炎の柱そのものから、カー全体にエネルギーと光が送り込まれることもあります。そして時には、バーから降りてくる、金色の液状の光の流れである場合もあります。すべての場合において、肉体が強化される感覚がはっきりとありますが、その程度は様々です。これを行う人によって、経験することが様々なのだろうと思います。

驚くことに、ハトホルたちの言う通り、私のカーボディーを活性化するのには、5分から10分で十分です。そして時には、私のカーボディーから溢れ出した神聖なエネルギーが、私の肉体(カート)に流れ込むという、素晴らしい経験をすることもあります。これが起きるとき、私は生命力が、私の肉体の各器官に与えられるのを感じます。

また、私は瞑想時間を20分まで延長する実験もしてみました。そしてハトホルたちが言ったとおり、15分を過ぎた頃から、浄化の反応を経験することが時々あったことを報告しておきます。浄化が毎回起こるのではありませんが、ある程度の頻度で起こりますので、ここで言及しておくべきだと思いました。このような反応は、様々な要因に基づき、その時々、その人それぞれに異なった方法で起こるのだと思います。私は決して、もしあなたが10分以上この瞑想を続ければ、浄化の反応を経験するだろうと言っているのではありません。私はただ、私が時々そのような経験をするということ、報告しているだけです。

このような反応は、霊的そして/または肉体的な解毒作用の結果として起こります。なぜならこのエネルギーの基準において、ある特定の種類の思考や感情は、毒素を持っているからです。そしてバーからの高い振動のエネルギーが、カーボディーに十分に届けられると、体はこの種の毒素を放出し始めます。このような解放が起きるとき、危険ではありませんが、これには吐き気や頭痛、その他の肉体の痛みや、精神的そして/または感情的なゴミの突然の予期せぬ氾濫などが伴うこともあるため、向き合うのが困難な場合もあります。

この注目すべきホロンを取り入れようとする人々への私の提案は、あなた自身の快適ゾーンを見つけてくださいということです。まずは5分から始めてください。何が起きるか、様子をみてください。そして、ゆっくりと時間を延ばしてみてください。

期待以上の成果を求めがちな人や、強迫観念にとらわれやすいタイプの人たち(私はこれに含まれます)は、このホロンがマラソンではないということを、どうか忘れないでください。たくさんやることが、より大きな成果につながるということではありません。目標はカーボディーを活性化することであって、尻に火をつけてまでがんばることではありません。ですから控えめにしてください。ほどほどにすることはこの場合、凡庸であることとは違います。ホロンのワークを続けるにしたがい、あなたは自然に現れてくる快適ゾーンを見つけることができるでしょう。それは10分以上かもしれませんし、それ以下かもしれません。どうであれ、一日一回この瞑想を行うことで、かなり有益な結果がもたらされることでしょう。

音楽の使用

私は静けさの中と、意識の変容状態を深めるために音響心理学に基づいてつくられた音楽を聞きながらの両方で、このホロンを試しました。私は聴覚的な入力の一切ない、完全な静寂の中でこの瞑想をすることを好むことが、時々あります。

外側からの「雑音」なしに、カーをとおしてエネルギーが動くのを感じ、それらが発する内なる音を霊的に聞くのは、素晴らしいことです。またある時には、音響心理学の音楽を聞くことがとても助けになることがあり、それはしばしば経験をより激しいものにします。私にとって、これは気分の問題です。静けさの中がいいのか、音響心理学の音の波に乗って、経験を拡大させたいのか? あなたがもし音楽を聞きながらこのホロンを試したければ、あなたがリラックスして意識を内側に向けやすくなるような音楽を選ぶことを、私はおすすめします。

多くの人が、私のお気に入りは何かと聞いてきますので、ここにあげておきます。もし音楽を選ぶなら、私はこのホロンの瞑想をするとき、「ライトシップ(Lightship)」または「インフィニット・プール(Infinite Pool)」を聞くのが好きです。これらが、この瞑想の経験を最も強めます。より穏やかにこの経験をサポートしてくれるのが「ウェーブ・フォーム(Wave Form)」と「ウェーブ・フォーム2(Wave Form Ⅱ)」です。

おわりに

もしもハトホルたちの言うように、磁気圏内でのプラズマの活動が活発化することで、カーボディーが強化され、活性化されるとしたら、私たちは今後数年間で、素晴らしくエキサイティングな日々に突入することになります。私たちの直面する問題が数限りなく表面化しているにも関わらず、この時期は無限の可能性の時期でもあるのです。霊的進化のための、空前のチャンスです。私は戦慄と興奮の感覚の両方をもって、私がこれまでに見たこともないような未来に、立ち向かいます。このような時期にあなたが選んだ道が、あなたを上向きに導きますように。そしてあなたの日々が、大いなる光と素晴らしい生命、そしてたくさんの笑いに満ち溢れたものでありますように。

トム・ケニオン

注意:ハトホルたちは3月の第2週あたりに、「大いなる三つ組」のイベントに離れた場所から参加したい人たちのためのインストラクションを含めた、追加のメッセージを伝えます。このメールを直接私たちから受け取った人は、自動的に次のメッセージを3月に受け取れます。

このメッセージを誰か他の人から受け取った人で、次のメールを3月に受け取りたい方は、私たちのホームページからメールリストに登録してください。

http://tomkenyon.com/contact/

私たちは登録された名前や連絡先を、他者と共有することはありません。

ミュージック・リンク
http://tomkenyon.com/store/lightship/
http://tomkenyon.com/sotre/infinite-pool/
http://tomkenyon.com/sotre/abr.php#wave1
http://tomkenyon.com/sotre/abr.php#wave2

連絡先:office@tomkenyon.com

変更を一切加えず、著者名とこの著作権の注意とウェブアドレスを掲載するならば、このメッセージをコピーしてあらゆるメディアで配信することができます。