Tom Kenyon
日本のアーカイブ

時間軸を飛び越える芸術

いささか矛盾しているように思うかもしれませんが、人生における時間軸とは同時に起こる多くの可能性の中で唯一のものなのです。
そして、人生の時間の流れと潜在能力を変容させることは完全に可能で、それどころか生まれながらに有する権利ですらあります。

さまざまな理由のために文明はあなたを、自分が一つの時間軸へ制限されていると信じることへ催眠誘導しています。
このメッセージで私たちは時間軸のとらえ方、そしてどのように変えられるのかを論ずるよう努力いたしましょう。

混乱に満ちた出来事が増えるときは常に、多数の時間軸の収束(コンバージェンス)があります。
地球が混乱の交点に入った事実により、混乱のレベルが常に増大しつづけるということが起こっています。「時間の交点」と私たちが呼ぶものの増加も起こっています。

時間の交点とは二つかもっと多くの時間軸の収束が起こる時です。
ぴったりと近接した「変動の影響」の結果は、たまに一つの時間軸の現実が「にじむ」、もしくは隣の時間軸上でそれに物質的に知覚された時にもたらされます。

強固な時間軸も、時間の交点の中で他の時間軸の可能性や確率(両方、もしくは一方)に文字通り影響を及ぼします。
言い換えると、(他の時間軸へ近接した)時間の交点に強固な時間軸が入るとき、創造的で斬新な影響が時間軸内でたびたび起こります。

それらを役立てる方法を理解したいならば、加速された進化のためのとてつもない可能性を持った進化的なジャンプスタートがあります。
地球での出来事の不安定な性質による結果、多数の時間軸の出現が起こっています。
これは非常にややこしくて複雑な出来事で、私たちは一番わかりやすい表現へとときほぐすよう努力いたしましょう。
この情報がアセンションプロセスに引き込まれているあなたに、極めて重大な意味を持つと私たちが信じるために。そして、その険しい生存価値のために。


はじめにより大きな視点へ、そのあと提案する個々の手順に私たちの意識を向けさせてください。
予備知識 – Background


地球は徹底的な変容のがけっぷちでバランスをとっています。
この変容の形態には多様な表現があり、あなたや共同体は程度の差こそあれ、これらの結果に影響を受けることになるでしょう。

結果やその可能性のいくつかは、世界的な破壊や浄化の予言に満ちています。
他の時間軸すなわち別の表現は、違う結果を示します。
人間意識の突然の思いがけないシフトが、非常にネガティブにあなたの運命に影響を与えている、支配者たちを屈服させることができるかもしれません。
そして両極端なこの間に、他の可能性の時間軸が何百とあります。
あなたがたが催眠状態であり続けることを、一つの時間軸、人生の一つの経験に限定されているという妄想の中にい続けることを望む社会には既得の利権があります。

けれどあなたの本質には、時間軸及びあらゆる出来事の土俵際で可能性を変える能力を、個人的にであろうと集団的にであろうと、持っているのです。

これを「ポジティブ」であることとは言いません。私たちはせいぜい、進化の可能性に関する事実と言うことにします。
しかし、集団的にこの潜在能力にたどりつくか見られることなくいるかにかかわらず、イニシエート(秘儀参入者)の周囲で何が起こるか起こるまいかに関わらず、その道とは、最も高い潜在能力へ昇りつめることなのです。
したがって、このメッセージであなたになにができるのか、どうやるのかを論じましょう。

私たちの観点からすると、あなた方の集団的運命は個人としてのあなたが作る個人的な選択の合計となります。
これは、統御すべき自分と同士人間の能力をはるかに超えた進化的で地球的な力と結び付けられています。
この力の集合も、あなたが自分の宇宙の複雑な鋳型の一部であるために、局所的な太陽系を超えて宇宙の地域からのエネルギーと意図の宇宙的パターンを伴います。

もし私たちが隠喩を使っていたとしたら、あなたは人間愛のように深遠なる海洋の船の上にいると言ったでしょう。
けれど、あなた方の多くが眠っていて、そして船をあるべきではないところへ導く舵を持った誰かがいます。
多数の歴史的で普遍的な、私たちはここに入れないだろうという動機のため、さまざまな存在たちがあなたの船を勝手に使ってきました。

ああ、しかし。潮流は変わりつつあります。
いくらかは今だ半眠状態ですが、あなたたちのますます多くが目覚めてきており、目の前に世界の変貌の大嵐を見ながらも、デッキを横切ってよろよろと歩いています。
支配者たちは、あなた方の多くが余計な安楽へと目覚めてきているのを知っています。

実に、生きるに面白い時です!

現在の湾の中の環境上の状態は、多様な時間軸の一つの例です。
状況をおしまいにしようと試みるメディア支配にもかかわらず、多くがこの状況がどれほどひどいか感じていて、そして本当に、湾の表面下での部分には文字通りでもあり比ゆ的でもある、悶着があります。

前のメッセージで私たちは、この出来事のためいくつかの起こりうる時間軸をお話しました。
これらの起こりうる時間軸のどれかが、土壁化コンクリートには記されるのではなく、変えられる出来事か結果として、三次元の現実へ展開するでしょう
このメッセージ中で、私たちはあなた個人がどうやって即座に違う運命へ時間軸を飛び越えられるか論じたいと望みます。
これは、時間軸を超えたあなたがたの文明も推定できるのです。でもまあ、それはまたの機会に。

さしあたり私たちはあなた、すなわち個人の人間へ、そして望まざる結果から―破滅的な時間軸からもっと情け深くて生きやすい、進化の可能性に満ちた何かへどうやって飛び移れるのか、意識を向けてほしいのです。

公式には、時間軸を飛び越えることの技術的手段がありますが、私たちのここでの情報は人間意識と、目覚めと意志の力を通してどうやって時間軸を飛び越えられるかを扱います。
この試みのために、すでにあなたは活力まさにそのものの中にもっとも偉大なる宝物の二つを所有しています。――(選択するための)至高の意思と感じる能力です。
適切に組み合わされた時、これらふたつがチェス盤の上でただのポーン(駒)であるよりむしろ現実の共同創造者として、あなたが熱望したこととして時間軸を飛び越えることを可能にします。


基本原則 – The Fundamental Principle


時間軸を飛び越えるための基本原則は、意図による2~3の重要な場面の共同作用が含まれます。

1) 自分が入りたい時間軸を識別する。

2) 時間軸を合わせるための振動の状態に転ずる。

3) その状態に自分を閉じ込めて、揺らがない。

4) 新しい時間軸の表出である行動をとる。

5) 辛抱する。

この5つの段階で、選んだ新しい時間軸の振動の状態を、新しい時間軸でつじつまの合った選択をすることを、そして矛盾した感覚情報に辛抱することを続けなくてはなりません。

この最後の忍耐の段階は、重要です。なぜなら、現在の時間軸はあなたの信念と意図の積み重ねだからです。
これら信念と意図の力により、莫大なる量の人生で固定されたパターンを克服するためのエネルギーを蓄積する必要があるかもしれません。

私たちが分かち合っている情報は、人生でどの時間軸もしくは表出でも処理し慣れられます。最も平凡なる状況であってさえも。
とはいえ、このメッセージでは、アセンションプロセスにおいて時間軸を飛び越えるための方法論を、そしてあなたが現在いる文明の時間軸より違った時間軸へどのように移動できるのかをお伝えしようとしております。

これは、いくつかの進化的アイデアです。しかし、私たちにとっては、単にあなた方の本質についての真実であります。
あなたは創造神であり創造女神であり、私たちが分け与えているこの情報は実際は生まれ持った権利であるのです。
私たちはこの時点で、あなた方の多くが時間軸を飛び越えて乗っている船の竜骨を傾けて安全で豊かな水へ船を乗り入れるだろうという、期待と希望と共に情報を捧げます。

十分な隠喩が示された今、どのように時間軸を跳躍するのか要点を説明させてください。


アセンション(次元上昇) – Ascension


私たちの見通しでは、アセンションプロセスはあなたの二つ目の体すなわちカーの活性化、そしてより多くの光を発するための振動の中でのカーの高まりを含みます。最終的にはサフ(the SAHU)、不滅のエネルギー体になります。
カーの振動を上げる、たくさんの方法があります。
精神的な伝統のほとんどに、あなたの振動を上げるための方法があります。残念ながらそれらの多くはまた、教義やタブー、極めて率直に申し上げて、自由を熱望しなかったし今もしない人ではなく、あなたを牢屋に入れることで利益を得る人によって考えられた思念形態からの妨害パターンで穴だらけになっています。

そう、いくつかの精神的伝統―特に宗教―はずるい罠であるというのは悲しいことです。もしあなた自身の存在のアセンションに上へと昇っていく予定ならば、虚偽と真実を区別せねばなりません。
それは統御のために必須なことの一つですので、この課題に着手あるのみです。
これは、自分自身の存在のアセンションを選択している人への意識そのものの砂の中の線です。
その人たちは真実のマスターになり、真実から虚偽を探し出すことを避けたりしません。
彼らは教義の奴隷ではありません。誰にでもなく、自分自身の神性に従います。

エネルギー的観点からアセンションプロセスは、古代エジプト人からセクヘム(Sekhem)と呼ばれた生命力が、ジェド(訳者注:古代エジプトのシンボル。Djed)またはチャクラの神聖なる経路を上昇するときに始まります。

これは最もシンプルな形のアセンションです。意識と覚醒の拡張です。
生命力がより高い脳の中枢に至って、カーボディが活性化されると、アセンションの別の段階へ入ります。
この段階では、光そのものを代謝しはじめます。光によって私たちは霊的な光、すなわち霊的領域に存在する光と述べます。
この光は、カーボディとその振動の増加を育てます。

カーボディがゆらめくことなく一定の振幅、または振動の力に至ったとき、サフか不滅のエネルギー体へと転換するエーテル的な炎のある形を発生します。
アセンションのこの特定の形態の最終段階の一つとして、この炎が見られるかもしれません。
しかし私たちが極めて明らかにしたいことは、使われた方法にかかわらず、意識の上昇の全ての動きとジェドの上の生命力の動きはアセンションプロセスの一部だということです。

今、時間軸を飛び越えるための基本的方法を伝えるいくつかの基礎概念とトレーニング計画を、私たちは論じたいです。
それから、大いなる困難の出現の真っただ中にいてさえ、あなたが自分自身のために新しい可能性をどうやって作ることができるか、意識を向けましょう。
そして最も重要な、現在の時間の交点の中に存在する重大なる進化の機会を探求しましょう。

異なった時間軸の中へ飛び込もうとする予定ならば、あなたが向き合うはじめの課題の一つは恐れの超越です。
ほとんどの人間が未知を恐れますが、ここにはより多くの狡猾な要因があります。
あなたの運命を支配しそれで利を得ようと欲する支配者は恐れの投影のマスターで、恐れることがもっとたくさんあると大衆を確信させるメディアを通してマインドコントロールや催眠術の甚大な力を使っています。
あまりにも包み隠さず言いますと、恐れのための理由があることへいくばくかの真理がある間は、より高い真理は明らかにされていないのです。

私たちが見なすより高い真理とは、至高の意思と新しい時間軸へ導く手段としての感受能力という二つの宝物を使う生来の力、すなわちあなたの現実を変える能力です。
ここで明らかにさせてください。

前にふれた通り、私たちがお話しているアセンションの形は、より高い脳の中枢の中へジェド、または脊椎に上る生命力の単純な動きではじまります。
これが起こると、チャクラと呼ばれるカーボディの中のエネルギーの輪は新しい方法で活性化されます。
これは新しい可能性や洞察、霊感と創造性の開花の新たなる形の窓を開きます。
けれども、もし意識が恐れの中へ閉じ込められるならば、低い中枢、すなわち生存、性、権力の衝動によって投獄されてしまいます。

多数の歴史的で普遍的な理由のため、私たちが前にほのめかしたように、より低い中枢へ人類を閉じ込め続けたり、運命を支配するための方法として恐れを永続させる共謀があり、そして存在し続けています。
したがって上昇の道を選ぶ全てのマスターのために、通り抜けるためのはじめのハードルの一つは恐れの谷――文明の投影された思考形態です。
その後、あなたを閉じ込めていたかもしれない制約の玄関を通り抜けねばなりません。生まれついてからずっとついていた嘘を認めること。最も神聖なる宗教のいくつかにさえ。

しかし、あなたはこのような経過を引き受けることの勇気と不屈の精神をもっていると言わせてください。
そして例のために、あなたが存在したいと望む時間軸は慈悲の一つ、優しさを愛することだとも言わせてください。
同じ本人が自分自身を創造することを望むあらゆる時間軸へ適応することを思い出すこと、あなたが行うであろう方法です。


準備と訓練 – Preparation and Training


1つ目のステップは、作りたいと思う、生きていきたいと思う時間軸を識別することです。この場合では、慈愛の時間軸です。
2つ目のステップは、その時間軸と調和する振動状態へと入っていくことです。この場合では、自分にできる精一杯の慈愛の感情に満ちた状態で存在することです。
これにより、あなたは他者や自分へと慈愛を示せるでしょう。

3つ目のステップは振動の場を閉じること。そうすれば揺らぎません。
これは時間軸の跳躍での重要な局面となります。古い振動状態そのものが生命を持つがゆえに。ただ新しい時間軸を作ることを選んでそれと調和する(時間軸がはっきり現れるか継続することの保障されていない)振動状態へと踏み入ったがゆえに。
新しい時間軸への接続を維持するために、適切に時間軸を閉じなくてはなりません。

はじめの2ステップは至高の意思を必要とします。あなたは経験したい時間軸を選びます。時間軸と調和する振動状態を選びます。
そして振動状態の中に閉じ込める3つ目のステップで、自分生来の二つの宝物(感じる能力)を使います。

そこにいたいと望む振動状態を感じることによって、振動を増幅して強化します。
そして、振動的現実への感謝のような一貫した感情の状態も含まれれば、その誕生を早めるでしょう。

このシンプルな感謝する行動、または感謝の感情は、新しい時間軸にとって、精神をぎょっとさせるやり方でで現実を触媒します。それは、これら3つのステップで生来の二つの宝物が一緒に結合されることです。
次のステップは、再び至高の意思が必要です。
五感があなたへ伝えることにかかわらず、新しい時間軸のヴィジョンと振動状態を保つことに我慢せねばなりません。

ここは、失敗しやすいところです。

三次元の現実へ新しい時間軸を顕在させるには、積み重ねられたエネルギーが必要になります。
もし新しい時間軸のヴィジョンを、すでに存在していることへの感謝の気持ちにそって振動の場(もしくはその感覚)で、持ち続けたならば、エネルギーを積み重ねることになるでしょう。

ここでの課題は、現在の現実があなたへ見せていることへ注意を向ける間にも、ヴィジョンへ忠実であることです。
要するに、同時により高いヴィジョンを保っている一方、それそのものが存在していることとして現実に向き合うことについてです。
言い換えると、違う人生のヴィジョンを同時に保ちつつ人生の現実を扱うのです。
これは芸術です。

例を示すに、より多くの慈愛と共に人生を作っていきたいと望むならば、他人へ慈愛を示すことで振動の状態へ入っていけるかもしれません。
もしこの振動状態へ感謝も感じられたならば、新しい時間軸の創造を促進したかもしれなかったのです。

現に、みんなが慈愛の状態にいられるわけでも、こういうことのために受け入れられるわけでもないことに気づく時期が来るでしょう。
ヴィジョンは人生の現実によりその時精錬され、新しい時間軸の出現に沿って現在の時間軸の現実を扱うことで、この意識の円熟は自然と起こるでしょう。

この進歩の方法からもたらされる一つの結果が、慈愛のマスターになるだろうこと、そんな振動の状態では言い表せない人にも対処できるマスターになるだろうことです。
やがては、もっと多くの人々が自他への徳と言い表す、より慈愛あふれる人生を経験するでしょう。
そして、この徳を表に出せないような誰かに出くわしたとき、自分らしさを失うことなくより上手いことその人に対処できるようになるでしょう。

かようにして、自分自身への新しい時間軸と現実へ種をまけるでしょう。

それでは、集合的な時間軸へと戻らせてください。

私たちが前にお伝えしたように、時間の交点は多数の時間軸が集まっている接合点です。そして、どのようにするかわかっているならば、ある一つから他へ飛ぶことができます。
私たちは個人の時間軸へ適用されることとして、基本的要点をただ説明しただけです。
さあ、あらゆる集団に与えられた時間軸より異なる時間軸へどのように飛べるのかを論じましょう。

別の時間軸を生きるのが本当に可能であることと同様に、あなたの周りの人とは違った人生の経験をするというのは、矛盾しているように見えるかもしれません。

もう一度、違った方法で説明させてください。
他の人が苦痛に生きている一方で、天国に生きることは可能です。
意識の最も深いレベルで、単純にそうすることを選択するのです。

私たちは、あなたを制限し続けることを望む力にあなたがずっと操作されたきた、そして操作され続けていることを知っています。
しかしこの交信における私たちの選択は、この制限から飛び出すための鍵をあなたに差し上げることであり、その歴史や混乱したアイデンティティをくどくど話すことではありません。
実際に、真の支配者はあなたには見えません。彼らは操りのマスターなのです。

混乱した出来事が拡大するにつれ、時間軸を跳躍する多くの機会ができるでしょう。
私たちの提案は、前で述べたステップを思い出すことです。
あなたは実験を行うという選択によって、この方法を経験するかもしれません。
人生の現実や私たちの述べたステップを使うことによって展開したいこと、自分が創造できると知りたいことを選んでください。


物質的で霊的な生存 – Physical and Spiritual Survival


私たちのこのメッセージを告げる重要な理由は個人的欲求を満たすことよりもっと重大なあることを示しています。
この「あること」は文字通り、物質的にも霊的にもあなたの生存と関係しています。

混乱した出来事が増えるにつれ、直感の力は以前よりもっと重要になるでしょう。

ある人は、それを「虫の知らせ」と呼びます。
どうやるのかわからないはずなのに、とある状況に置かれると突然どうすべきかがわかるのです。

これこそが、直感の力です。
これらの直感の瞬間に、接合点すなわち、異なる時間軸と結果へと飛びこめる時間の交点にいるのです。

直感の受容性のこの増大は、個人のアセンション、もしくは意識の上昇の証明の一つです。
より発達した直感は、明らかに物質的生存に対する利益をもたらします。

ちょっと前、私たちは個人への矛盾しているかもしれないあることを言いました。
時間軸を飛び越える能力は物質的にも霊的にも生存のための利益があると言いました。

ここで私たちがお伝えしたことは、異なった結果へと時間軸を飛び越える能力が一定の状況でも肉体的生存を結果可能にするということです。
霊的生存に対しては、霊的目覚めへの恐れがあることを示します。
もしも自分ならではの真実の道を見失ったら、もしも至高の意思と感じる能力という生来所有する二つの宝物を失ったとしたら。そのときは霊的に危険な状態になります。
自分自身の中にある、この宝物を見失ってはなりません。混乱した出来事が増えるにつれ、これは新しい世界の誕生であるために、支配者は反対運動を増やしていくでしょう。
その原因にかかわらず、それが神聖なる宗教からのものであってさえ、マインドコントロールと至高の意思と感じる能力を限定するあらゆる思考形態に不信感を抱きなさい。

どんな風に神聖なる外観、あるいは政治的正当性に飾り立てられたとしてすら、選択のための至高の意思もしくは感じるための能力を制限するであろうあらゆる思考形態は避けられるべきです。
これは、この経過を霊的に無事生き残りたいと望む人にきわめて必要なことです。


時間軸の収束と可能性の修正
– The Convergence of Timelines and the Alteration of Probabilities


それでは、この交信の主な理由に注目させてください。
この点に至るまで私たちがお伝えしている全ては、時間軸を飛び越える意識の訓練のための予備知識と提言です。

けれど、今はあなたの創造である独立して存在する二つのより高位の重要な時間軸へと注意を向けます。
それらは、異なる存在の秩序に属します。個人的選択から作られたわけではありません。そして、互いに相容れない対立として存在します。

幾度も折に触れてお伝えしてきたように、同時に多様な時間軸と可能性の中にあなたは存在しています。
ちょうど今、あなたと人類が生きている時間軸の一つは、破滅の予言と世界的な破壊で満ちています。
これは非常に現実的な時間軸です。しかし、可能性ある時間軸のたった一つに過ぎません。
あなたは終末から地球の新しい形態と存在の新しい秩序へと飛び出せる収束地点、すなわち時間の交点にいます。

私たちが新しい地球と呼ぶこの時間軸は、今の現実より非常に異なる経験の次元です。
この時間軸で地球は深く尊敬され、全ての生命はつながっているのだという真実を理解し認識する人類の大半によって感謝の念が保たれます。

ここでは地球は生態系そのものの損傷において、利潤のために破壊され搾取されたのではありません。
科学技術は、人間の意識の向上を通して変換されてきました。生命を危うくする科学技術や現代の命を害する考え方は去っています。
戦争は過去のものです。多数の宗教や経済、国際情勢を通じてあなたの運命へネガティブな力をふるった支配者は、力を放棄してきています。
命そのものは神聖なるものとして保たれ、物事の神聖さの新たな理解が人類に取り入れらます。
新しいこの世界で、天と地の間にもはや戦争はありません。

この時間軸について私たちが言及できるかもしれないことは、もっとたくさんあります。しかし、私たちはそう期待しているのですが、あなたにはこの時間軸と結局は破滅と破壊を導く別の時間軸との相違を判断する能力があります。

新しい地球のこの時間軸について述べたいもう一つの事柄があります。それは特に高く評価している性質です。
この新しい時間軸中、世界間のヴェールは 薄く、人類と私たちハトホルのような銀河生物の間で、あなたがデヴィ的で霊的な世界と呼ぶかもしれないことと共に、大いなる相互作用があります。
(訳者注:デヴィ(Devi)とはヒンドゥー教の女神)

そこで、私たちは不干渉を信任しているため、あなたを左右する意向はないと言わねばなりません。自由意志を妨げるつもりはありません。
しかしながら、知っていることをあなたへ指し示すことは私たちの自由です。

古代エジプトで、マアトと呼ばれた女神がいました。
ひと揃えの天秤を持ち、死の際には、その秤にイニシエート(秘儀参入者)の心臓が置かれ、片方には羽が置かれました。
もし心臓が羽より軽かったら、イニシエートは意識のより高い状態を意味する天国の世界への入り口を与えられました。
けれど、心臓が後悔や悲嘆などのネガティブなことで満ちていたら、イニシエートは低次の世界へ戻ることとなったでしょう。

実に現実的な方法で、人類はマアトとの邂逅を果たしてます。
破滅や破壊、恐怖の時間軸を信じている人はみな、そういう現実へと導かれるでしょう。
新しい地球の時間軸を真実として支持する人は誰でも、そういう現実へと導かれるでしょう。

この状況において、あなたは無力なんかではありません。
あなたと惑星、特に人類のための抜本的な変化の本質的な力そのものを持っています。
もし新しい地球のこの時間軸に共鳴を感じるなら、そして存在のこの新しい秩序の中に生きることを選ぶなら、あたかも秤を傾けることを助けるかのごとく重さを加えていくでしょう。

私たちは以前言ったあることを言いたいのです。生存に関わる重要なことですから。
他の人が苦痛に生きている一方で、天国に生きることは可能です。
これは時間と空間の中にあるあなたの位置にはほとんど関係がありません。しかし、あなたの振動状態とはかなり関係があります。

私たちのお伝えしていることが真実であると感じるならば、そしてこの新しい地球と連携することを選ぶならば、新しい時間軸と新しい運命へと歓迎いたします。

私たちの提案は以前お伝えしたどのように時間軸を飛び越えるかというステップを実践し、偉大なる実験をはじめることです。
新しい地球の時間軸へ入り、奇跡への準備をしてください。

最後に、地球にあなたへ話をさせてください。
あなたを抱きしめさせてあげて、深い知識と英知を受け渡させてください。
来たる変化において、地球は大いなる味方となるでしょう。

私たちは未来の交信で時間軸を飛び越えることと新しい地球について、より多くの情報をお伝えしましょう。
しかし今は、どうやって移るかの基本的な理解をしていただきたいと思います。

相変わらず、現在直面しているこのような大きな困難の真っ只中にいてさえ、私たちにはあなた、人間家族へのより高いヴィジョンがあります。
あなたが自分自身では気づいていなかったとしても、私たちにはあなたがたの隠れた偉大さが見えるのです。
それは、あなた自身の中にある大いなる光の合図のようです。あなたの中のこの光が、解放される時です。
未来の世代はあなたの向上によって祝福されます。そうなりますように。

ハトホル
2010年8月3日

トム(チャネラー)の考察と所見


いくつかのことが、この交信で目に留まりました。
はじめに、ハトホルたちは今まで一度も聞いたことがなかった、普遍的(超歴史的)という用語を使いました。
私がこのことをたずねたとき、彼らは直線的時間を超えた銀河間での影響の特定の形態を見る方法を説明しているといいました。
したがって、私たちが理解したように、彼らが述べていた影響は時間の外に生み出されました。しかし、その後先史から現在まで私たちの時間軸の中に現れるようになりました。
私は完璧に彼らがここで述べたことを全て理解したわけではありません。ただ、通り過ぎただけです。

彼らは何度も時間の交点の重要性を強調し、ある時間軸から別のものへ飛び移る方法を長々と論じたので、私は彼らにこの現在の時間の交点の存続期間をたずねました。
彼らによると、地球と私たちの種としての運命に影響するだろう可能性のある(ありそうな)時間軸の多様なる収束を含んでいるため、この時間の交点は非常に重要です。
彼らが明確にふれた時間軸の二つは、新しくよりよい未来へ導く時間軸、彼らが新しい地球と言っていた時間軸に沿って走る地球の浄化と破壊の予言に満ちたものです。

それなら、この時間の交点はいつはじまり、いつ終わるのでしょう?
かれらによれば、この正反対に向かい合う運命の特別な時間の交点は、2010年7月に三次元の現実へと現れ、2013年7月まで多様な交換を続けるだろうとのことです。

注意してください。彼らは新しい地球の時間軸はこの時間の交点中に存在を現したとは言っていないのです。
この点で、彼らによれば、この善なる時間軸はもうずいぶんと続いているのです。
けれど、地球の破壊対再生という正反対に向かい合う時間の交点は、現在お互いに(時間の交点の面で)非常に近くで動いています。
したがって、時間軸を飛び越えるやり方を知っているなら、望む時間軸が自分へ近づいた時によりたやすく飛び越えられます。

この時間の交点の重要性は、人類が集合的現実として経験するだろう時間軸のどれかに関して選択する地点であるということです。
そしてハトホルによれば、優勢になるだろう現実は、私たちが今個人や集団でしている選択を通して固定されつつあるのです。

このメッセージで、ハトホルは時間軸を飛び越える基本的な方法を授けています。
彼らが指示しているように、それは主に、人類が現在いるますます超現実的でネガティブな人生の現実よりも、情け深く異なる現実に生きることを選ぶ人への情報です。

彼らのメッセージの準備と訓練の部分は、個人的に顕在化させる方法として確実に使えます。実際に、こういう系統の事柄を経験されてきた人は、おそらくこの情報をManifesting 101であると考えるでしょう。(訳者注:Manifesting 101とはSusan Jamesの著書。願いをかなえる方法が書かれている)
しかし、方法の簡潔さはその深みと矛盾しています。
ハトホルは複雑な概念と技術の簡略化におけるマスターで、今回においても違いありません。
しかしながら、この基本的方法を分け与えた彼らの理由は、欲望をかなえるためではなく、むしろ地球の現実を徹底的に転換することを可能にするだろう方法を捧げるという目的のためでしょう。
たとえ、私たち人類家族の大いなる共同体、少なくとも私たち自身のためではなくとも。

彼らが現在の状況を述べるに選んだ隠喩、海での船のことを好ましく思いました。
実に、状況は沈みつつあるタイタニックの上で起こっていることを、私に思い起こさせます。
船は氷山にぶつかり、船の低次のレベルは水であふれつつありました。
はじめに、彼らは甲板の上にいる人から危険を隠そうとしました。そして、終末が明らかになるまで、パーティは続き、オーケストラは完璧な演奏をしました。

文明に耽溺するわれら消費者という操作されたメディアの隠匿でほとんどの人が船のことを指摘しておらず、西洋文明の親衛隊は、ある側のこと、それが低いところで水の中に危険に放置されているのを深刻に聞きます。

ハトホルはもし人々が十分に時間軸を飛び越えられたら、私たちの惑星は乗り越えられないだろうという多くの破滅的予言を背景にする地球破壊の予言的時間軸を去り、変わりに、新しい地球と呼ばれるもっと情け深くて命を肯定する現実へ入っていくと信じています。

しかし彼らはまた、集団がより高次の運命へシフトしなくてさえ、私たちの現在の文明に影響されている人よりも違った現実を生きる勇気を持った人へ注目すべき何かが起こるだろうと明らかにしています。
「他の人が苦痛に生きている一方で、天国に生きることは可能です」

特に時間軸を跳躍しようと実際に試みようとしている人へ、私がきわめて重大になってくると考慮するこの最新のメッセージには他にも何かがあります。
そしてこの「何か」は、妄想か「魔法の思考」を得る私たち人間の能力と関係があります。
あなたがこの用語を知らなかった場合に備えて説明しますが、魔法の思考とはただ何かを考えるだけで人がそれを信じるという、自分では何の努力もなしに現実にできるという思考障害です。

私の意見では、人生である程度の困難を背負う意味を拒絶することを促進する、ニューエイジ思考における非常に有毒な要素(すなわち、魔法の思考)があります。
なるほど、私たちの世界の流行し広まっている狂気の沙汰は、私たちの多くにとってますます扱うに難しくなっています。
だけど、あの拒絶は現在の時間軸の現実と付き合うことの受け入れられる意味であると、これを読む誰かが考えたなら、ハトホルは正反対の何かを言っているのだと私は指摘したく思います。

時間軸の跳躍の芸術の部分は、私たちが経験したいと望む時間軸のヴィジョンと振動のサインを保つことです。
しかし同時に、今いる時間軸の実際の現実へ注意を向ける必要もあります。
これは世界の間で生きることで、ハトホルが私たちへいざなう神秘の形態でもあります。

時間軸を飛び越えることを選んだ人の多くは(私を含め)、新しい時間軸へ飛べずに届かない、そして(それか)、維持するのに失敗するという、変化球の学びに出くわすだろうと私は感づいています。
これは新しい技を学ぶときには、全く普通のことです。そう、たとえ理解しがたい技であるとしても、本質的に新しい技なのです。
ですから、新参者の時間軸跳躍者である私たち皆への助言は、自分自身へ優しくあること、自分をジャッジしないこと、そしてユーモアの楽しいセンスをもってこのタイプの経験を学ぼうとすることです。
結局、少なくともある視点からは、全てのことは大いなる宇宙のジョークなのです。

私たちが文明社会を変容させる(ある人は死なせるというだろう)現実を導く方法は、生きたいと望む時間軸で心と精神を保ちつつける限り、疑いなく芸術の形を取るでしょう。

そして……神秘を生きることの仲間である芸術家へ、ヴィジョンにひきつけられて跳ぶ勇気を持つあなたへ、あなたへと私は杯を上げましょう。

私たちが携わろうとしている、人間らしい経験を生きる精神的存在として自分自身の最も高い質への上昇にほぼ等しい偉大な仕事とあなたを称えます。

あなたとあなたの愛する人たちへ、祝福を。
トム・ケニオン