Tom Kenyon
日本のアーカイブ

太陽嵐に入ること

注意:このメッセージは「カー」ボディ(古代エジプト錬金術用語)について扱っています。
そして、太陽活動の増進から引き起こされるエネルギー上昇(アセンション)で、このユニークなエネルギー体をどのように役立てることができるか論じます。

「カー」に慣れ親しんでいない方のために。「カーボディ」とは物質的な体とまったく同じ形でサイズの「見えない」二つ目の体です。
このエネルギー体は物質的肉体をすっぽりとおおい、浸透しています。この体はたびたびエーテリックダブル、またはスピリチュアルツインという言い方もします。

カーはいくつかの伝統(道教)で気の体、プラーナ体、もしくは伝統ヨガにてエーテル体と呼ばれるものと似ています。
その特徴により、カーはそれ自体を引き寄せ、そのあと物質的肉体に入り、スピリチュアルな変革を促進する非常に優しいエネルギーを引き寄せるのです。

2011年1月3日の以前のメッセージで示した通り、しばらく太陽活動が増加する時期に入りました。
論じようとしていることを深いレベルで理解するために「太陽風と共に」を読まれることを強く勧めます。

現在、地球の磁気圏が太陽エネルギーの不規則で増加傾向にある強い嵐に見舞われ、太陽と宇宙の活動がより高められた期間に入っています。

太陽フレアの恒常的な増加と異常なまでの変動を目撃することになるでしょう。
太陽におけるこれらの変動は内なる力や銀河系太陽からのエネルギー嵐よりもたらされています。

この相互作用の難解を増しているのが、深い宇宙からの非常に強烈なエネルギーの嵐です。
太陽の磁場が影響されると、事実上ねじられ、ゆがめられます。そして、地球と人間の肉体の磁場にも影響がもたらされます。
このタイプの太陽活動の増加で、強烈な異常気象、地震や火山活動の増加を目撃するでしょう。

ここでのメッセージの焦点は、物質的な太陽活動の見地ではなく、感情的そして精神的な見地です。
過去のメッセージ(太陽風と共に)でお伝えしたとおり、太陽変動のこういう性質のものは、感情的動揺や無分別な行動を増加させます。
たくさんの人が、疑いなく、特に理由も無しに理性を失っている自分自身を発見しています。

この高められた太陽嵐の期間に入るにあたり、エネルギーレベルの加速を通り抜け航海できるようにする二つの提案をします。
一つ目は最も簡単、そして徹底的に「太陽風と共に」で論じられたのものなので、ここでは記しません。
二つ目の方法は水の成分を通して物質的肉体を沈静させることです。以前のメッセージ(光の薬)でもお伝えしました。
この方法では、バー(神聖な魂・ハイヤーセルフ)または神々しい魂から意図された水を摂ります。
以前のメッセージではウィルス、バクテリア、放射能から自分を守ることを扱いました。メッセージをご覧いただければ、方法は明晰に理解できるでしょう。

光の薬の使用によって、肉体を沈静させる目的で水を摂ります。そうすると太陽エネルギーの最もとてつもない活力を偉大な恵みへと調整することができます。
光の薬を行うのに理想的な時間は寝る直前です。
水を使った光の薬のあと、体内の細胞内と細胞間の流動成分とコミュニケーションをとってください。体は落ち着き、バランスがもたらされます。

この光の薬をあなたの休息期間の前にもたらすことは休んでいる時と次の活動期間に非常に有益な影響を与えます。
多くの人が睡眠と言うのに、私たちはわざわざ「休息期間」と言っています。睡眠は非常に妨害され混乱させられた問題のある活動です。休息期間中は既知の睡眠をとることの執着を手放されることを提案します。
この状態でより平穏になると、深いリラクゼーションによってより短い時間で回復できることがわかるでしょう。

夜や、休んでいるときに目が覚めた時、カーボディに充填するため「太陽風と共に」で示した方法を使うことをおすすめします。目が覚めるということは、カーを充填するべき機会かもしれませんから。

このワークをすると、以前より短い時間で回復して元気になるのがわかるでしょう。

カーに関するより進んだ理解を持っている方へおすすめしたい三番目の方法があります。

 

微細な虫穴 – Micro-Wormholes

 

カーボディは物質的肉体に浸透しており、肉体の形と全く同じ形でサイズでもあります。
カーの外に出ている物質的肉体は一部分もありません。そしてエネルギーに満ちたカーボティを充填する時まさしくその本質によって、あまりあるエネルギーの洪水が健康と活力を増す物質的肉体の器官へもたらされるのです。

カーボディはエーテルの光の無数の粒子でできています。そして、光の体の中で結びつくポイントがあります。カーの中のこれらの連結ポイントは細胞のミトコンドリアと結びついています。
ミトコンドリアはエネルギーの製造者で、細胞質の活力工場です。
体内に細胞は一兆以上あると推測され、したがって一兆以上のミトコンドリアがあります。これらミトコンドリアは多数の微細な虫穴を通してカーに結びついています。

目覚めを肉体のこのレベルで起こすのは可能です。そのためミトコンドリアに気づけば、カーへの虫穴を感知できます。

これらの虫穴はより高い波動への細胞内の玄関そしてカーの真実です。
意図してこれらの玄関を開けることによって、物質的肉体へカーからの余分なエネルギーの供給を大いに受けることができます。

これは物質的肉体が、カーのより早い振動へより簡単に調整することを可能にします。
より高い次元への現実へあなたを押し上げる、カーを通して行われるのです。
ミトコンドリアの玄関を通して、物質的肉体がもっと楽にこの早い加速へ慣れるのを助けることができます。

今は、状況の感情的難局へ注意を向けたいと思います。
その性質まさしくそのものによって、時の加速も揺れ動く現実の激しさも無意識を浄化します。

前にお伝えしたとおり、感情的動揺や無分別な行動の普遍的な増加にあなたは気づくでしょう。
もし自分自身で経験していないとしても、疑いなく、人々の間にこれらの影響が起こっていることに気づいているでしょう。

あなたは矛盾した二元性の中で生きています。
古いエネルギー的現実は崩壊し、新しいエネルギー的現実が誕生しています。
しかし、慣れ親しんだあり方、期待する方法へ執着してしまうのも人間の本質です。
依然として多くの方法が終わりを迎えつつあります。あなたが知っている世界は終わりつつあるのです。
そして、新しい世界が生まれつつあります。

 

人道的な心の難局 – The Quandary of the Human Heart

 

このプロセスの中で最もひどい災難をうけるものののひとつは、人道的な心です。
私たちは正しく人道的な心の中に深い悲しみと絶望があるのを感じるし、はっきりわかってもいます。
これらの一部は、現実の崩壊とその現実への執着よります。
とにかく、世界の地盤が崩れかけているって夢で何を建てようというのでしょう。

心のこの困難のほかの側面は、この惑星の感情的な雰囲気の有毒な性質と関係があります。
太陽エネルギーが増え、両極の間の緊張は一層はっきりしてきています。
抑圧された人と魂を解放する人の間の意識の対立は、ますます明確になりつつあります。

あなたの心へこれらのチャレンジを扱うための手段として、二つの提案をしたいと思います。

それは新しい現実によって生まれたハートを通すことです。生きる価値ある人生、現実を意味しています。
はじめの提案は、過度に単純化しすぎているように見えるかもしれません。
こういうケースには良くあることですが、一番シンプルなことが常に最もパワフルなのです。
どのようにするかは重要ではありません。重要なのは地球の感情的雰囲気の有害な毒へ感情的解毒を施すことです。

嫌悪と不寛容の増加により、この闇の通過を見なくてはなりません。
私たちの知る最もシンプルで効率的な方法は、生活の中で感謝する一番小さいことを見つけることです。そして、一日を通して感謝の気持ちをゆっくり考えるためのほんの数分の時間をとることです。
どのように小さな感謝の気持ちが浮かぶかは重要ではありません。感謝の最も小さい種から、偉業は起こるのです。
感謝の波動の状態は、感情中毒への驚くほどの解毒剤となります。
あなたがこの太陽嵐のサイクルを通して実行し、この方法を習熟することを私たちは強くすすめます。

最後に、ハートチャクラに基づく音の瞑想をご紹介します。これは以前のハトホル・インセンティヴからです。
この音の瞑想のはじめの段階では、浄化のためにハートチャクラの中へエネルギーを循環し活性化させます。
瞑想の二つ目の段階では、落ち着きを取り戻し、はぐくみます。
この瞑想が、あなたの頼れる味方になることを私たちは信じています。

この新しい太陽嵐の段階に入ると、類まれなる進化の促進のための機会であることがわかります。
これはまた、矛盾をはらみ、強烈な性質による退化の危険も伴っています。
もし加速のエネルギーに抵抗するなら、この通過で大いなる困難を伴う経験をするでしょう。
もしこれらのエネルギーを抱きしめ、感謝とともにこれらの方法で通り抜けるよう習熟するなら、偉大な自由を手にするでしょう。
私たちがお話したこの自由は、人道的な魂、精神そして心の自由です。それはこの世の存在の二元性によって被害を受けない意識のレベルに属します。

ハトホル
2012年4月1日

 

トム(チャネラー)の考察と所見


はじめに、最後の二つのハトホルメッセージからほんのわずかな時しか経っていないことを認めたいと思います。
彼らを訪ね、新しいメッセージは無いのかと問うときはいつでも、「その問題に関して語られるべき全てはすでに伝えてある」と言われたものです。
そして用意ができたその時(ほかの段階への用意という意味です)、彼らは新しいメッセージを与えてくれるのです。

この時新しいメッセージをたずさえて彼らがやってきた事実は、ことわざ通りの大騒ぎになることを示しています…またしても。

 

光の薬 – Medicines of Light

 

睡眠中(もしくは彼らの言うところの「休息期間」)の物質的肉体を鎮めて均衡を保ち、非常に役立つハトホルたちの方法を発見しました。
そして自分のためにこれらの魔法を使えば使うほど、いい状態になっていきます。多くの人にも同じことが起こるのではないでしょうか。
この方法は努力して行うだけの価値があります。もし私がハトホルの音を正しく読めているならば、この光の薬は太陽嵐のこの時期へより深く入ったときに以前に増して重要になるでしょう。

 

微細な虫穴 – Micro-Wormholes

 

細胞のミトコンドリアとカーの中の光の連結ポイントの間の微細な虫穴の存在についてのコメントに、私は非常に興味をそそられました。
私はチャネリングの後にたずね、これは非常に複雑で未来のメッセージで論じることを計画している豊かな情報の場であると彼らは言いました。

しかしながら私は、遅かれ早かれ情報をもっと欲したし、多くの読者の方も全く同じでしょう。
うるさく迫ったとき、私の師は微細な虫穴は振動の次元の間、密度の質(私たちの体)とカーの薄められた光の領域の間を意味する、の橋であるといいました。

ハトホルは、全ての次元を連続体として経験しています。言い換えると、物質的肉体の低い振動の現実は密接に意識の高い振動の現実とつなげられるのです。
物質と意識の間の境界は、それら次第によっては大部分が自己制限の概念になります。
ミトコンドリアの微細な虫穴とワークすることによって、彼らが我らの肉体で顕現することで意識的に次元の橋渡しをすることができるのです。

最後に、ハトホルによれば、感謝の状態の中にある間にミトコンドリアの虫穴の目覚めが保たれることは、偉大なエネルギー的影響を拡大するだろうとのことです。

 

人道的な心の難局 – The Quandary of the Human Heart

 

私はよく一日、もしくは一時間…いや、正直なところ時々は数分の経過の間にですら、自分の中に矛盾する感情の最たるものを発見します。

一分間、私は至福ですらある孤立した娯楽で宇宙の波に乗ることができます。そして次の瞬間、自分の作り出した感情的混乱の「波」へ、癒しを超えて頭から落ちていくことができます。

感情的「ひっくり返り」は、私が中心軸を失ったときに起こることに気づいています。そして、そんなにたくさんのことが周囲で起きているわけではなくて、私が「考えている」ことへの反応が感情の状態を決定しているということが明らかになるのです。

ハトホルが地球の感情的雰囲気の有毒ぶりが増えているとみなしている点は、正しいと私は思います。
人生の小さなことに感謝する時間を取ることによるこの集団的な毒性へ感情的解毒剤を使いなさいというシンプルなすすめは、手放しで有用です。
私はありとあらゆる機会にこの提案を試し、きわめて役立つものであることを誠実に誓うことができます。

 

ハートチャクラの音瞑想 – The Heart Chakra Sound Meditation

 

彼らが言及していたハートチャクラの音瞑想はサイトのサウンドギフトコーナー(英語)に公開されました(www.tomkenyon.com)。

ページ下部のリンクをクリックしたとき、サイト(www.tomkenyon.com)におけるサウンドギフトコーナーの鑑賞規約に同意していただくことになります。
規約を読んでクリックしたあと、サウンドギフトコーナーの無料音楽ファイル全てにアクセスできます。
ついでに、My First Experience With the Hathorsというタイトルを含む、三つの新しいレクチャーの抜粋をサウンドギフトコーナーへ加えました。

このメッセージでハトホルが言及していた瞑想は「シャーマン的なハトホルの音の探求」と題された音によるハートチャクラの瞑想です。
テキストのメイン部分にいくつか視聴の提案があります。そして終わりに視聴およびダウンロードが可能な音楽ファイルへのリンクがあります。

しばらく前からハトホルの地球へのメッセージを読んでくださっている方のために、この音の瞑想はエネルギー的に前回のメッセージ(サウンドギフトを見てください)で公開したthe Heart Dimensional Attunementとは非常に異なります。
Heart Attunementは未来の可能性や時間軸へハートを「調整」するために作られました。

しかしながら、この独特のハートチャクラ瞑想は、ハートの中にある感情反応の意識的な目覚めのパターンにもってくるために作られました。
この観点から、感情の自由は否定ではなく清澄さから生まれます。
したがって、瞑想のはじめの部分は、ハートチャクラの中に閉じ込められたエネルギーを振動させ循環させるため極めて触発的です。
ある人にとってこの段階は、武装を解除するようなプロセスにもなりうるし、他の人には手放しの公正で優しいプロセスにもなりうります。
瞑想の最後の段階は、新しい浄化されたハートへ落ち着きや癒しと気力の回復エネルギーを授けます。
私は個人的に、この音の瞑想が頼れる味方であることがわかりました。そして、特に感情的に抑圧されている、ブロックされていると感じるとき、多少正常な状態に戻すため聴きます。

もし時間があって、より深くハートチャクラの探検をお望みならば、一回のリスニングセッションで2~3回この瞑想を聴いてみてください。
連続して2~3回聴くことが、より深い洞察のレベルや、時には癒しの深いレベルをあらわにすると、個人的には思いました。

我が師ハトホルによると、大きな感情やエネルギー的事象を扱える準備が整っていない限り、普通は二つの瞑想(the Heart Chakra Sound Meditation と the Heart Dimensional Attunement) を連続して聴くのは良い方法ではないとのことです。

話に出た投稿済みの以前のハトホルメッセージへのリンクは、下に記してあります。
もしオンラインで読むなら、ただクリックしてください。もしメッセージをすすめられたか他の形式で読んでいるなら、サイト(www.tomkenyon.com)のthe Hathor Archivesを見れば記事があります。
音声ファイルはサイトのサウンドギフトコーナーにあります。

ハートチャクラの音瞑想へはここをクリック(サウンドギフト内)
太陽風と共に(日本語訳)へはここをクリック
光の薬(日本語訳)へはここをクリック(ハトホル文章内)

Copyright (C) 2012 Tom Kenyon All rights reserved.


訳者(Nozomi)注
トムは「全てのメッセージを含み、どんな改変も無く、売買することなく、著作権表示をしてくれる限り、あなたが望むならどんな形式でもこのメッセージの複製および配布を許可します」と表明しています。
よって、この翻訳もそれに準じます。